日焼け止めのすべて。

日焼け止めの表示「SPF」と「PA」って何?

「SPF」と「PA」の意味。

日焼け止めを選ぶ時の目安となる「SPF」「PA」の表示。

「数字が大きくて「+」がたくさんある方がよく効く!」と思われる方が多いと思いますが、本当の意味を知っていますか?

実は数字が大きければよいということでもないんです。

日焼けの仕組み(メカニズム)でもお話しましたが、紫外線には3種類あり、「SPF」と「PA」についても少し触れました。

 

3種類の紫外線。

紫外線には3種類あり、それぞれの特徴はこのようになっています。

UVA UVB UVC
日焼けの種類 サンタン(黒くなる)の原因。
メラニン生成が活発な人がなりやすい。
サンバーン(赤くなる)原因。
ヒリヒリ痛い。水ぶくれになる。
色白の人がなりやすい。
お肌への影響 シミ・しわ・たるみ 皮膚がん・シミ・そばかす シミ・しわ
特徴 雲や窓ガラスを通り抜ける。
(曇りの日でも日焼けする)
ガラスで遮ることが出来る ほとんど地上に届かない
防ぐ表示 PA SPF

 

「SPF」とは。

「SPF」とは「Sun Protection Factor(サン プロテクション ファクター)」の略で、サンバーン(赤くヒリヒリする日焼け)やシミ・そばかすの原因となる紫外線「UVB」を防ぐ効果を表す指標です。

現在はSPF50+(SPFが51より大きい)までの表示があり、数字が大きいほど効果が高くなります。

 

数字の意味

日焼け止めを使わずに強い紫外線に当たっていると、20分程度でお肌は赤く日焼けし始めます。

SPFはこの「20分程度」というのを「1」として、UVBを防ぐことが出来る効果の時間(強さ)を表しています。

例:SPF30の日焼け止め

  20分×30=600分(10時間)

  「SPF30の日焼け止めは、紫外線UVBからお肌を10時間守る」

正確には「紫外線UVBから受けるお肌への影響を10時間遅らせることが出来る。」という意味だそうです。

 

SPF数値が大きいほど肌への負担も大きくなる。

しっかりと紫外線を防ぎたい、絶対に焼きたくない!と言って、少しのお買い物のためにSPF50の日焼け止めを使うと、

「20分×50=1000分(16時間40分)」

となり、お買い物への行き帰りを考えても日焼け止め効果の必要のない時間が多くなりますね。

SPFの数値が大きいほどお肌への負担も大きくなると言われていますので、日光を浴びる時間とお肌への負担を考えると、お買い物に行くだけの短時間の場合は、SPF20もあればいいかもしれません。

日常生活で使うときには、低い数値の物でも充分な効果が得られます。

 

しっかり塗らないと効果は半減。。。

SPF数値は「1cm平方メートルに2mg塗った時に得られる効果」を表しています。

塗った時、塗った後の感触や白浮きなど気になる方もおられると思いますが、しっかりと塗らないとせっかく塗った日焼け止めの効果が得られません。

そして、日焼け止めを塗ってから時間が経ったり汗をかいたりするとだんだんと落ちてきますので、こまめに塗り直しをして、しっかりと日焼け止め効果を発揮させましょう。

 

「PA」とは。

PAとは「Protection Grade of UVA(プロテクショングレイドオブUVA)」の略で、サンタン(黒くなる日焼け)やシワ・たるみ・光老化の原因となる紫外線UVAを防ぐ効果を表す指標です。

現在は「PA++++」までの表示があり、「+」が多いほど効果が高くなります。

 

+(プラス)の意味
表示 意味
PA++++ 極めて高い効果がある
PA+++ 非常に効果がある
PA++ かなり効果がある
PA+ 効果がある

「+」が多いほど、UVAをブロックする効果が大きく、肌が黒くなりにくいということですね。

 

老化の原因をブロック

PAは、UVAを防ぐ効果を表す指標として使われていますが、UVAは波長が長いため、お肌の奥深くまで届いてシミ・シワ・たるみを引き起こす原因となります。

UVAは雲や窓ガラスも通り抜けて来るので、室内にいても油断が出来ません。

光老化であるシミ・シワ・たるみの気になる方は、外出する予定のない日や紫外線の少ない冬もしっかりしたUVケアが必要になります。

PA表示をよく見て、その時々にあったレベルの日焼け止めを上手に使いましょう。

 

【関連ページ】

 

 

One thought on “日焼け止めの表示「SPF」と「PA」って何?

  1. Pingback: 紫外線を浴びるとどうなる?日焼けの仕組み(メカニズム)。 – 日焼け止めのすべて。