日焼け止めのすべて。

日焼け止め成分「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」の違いとは。

日焼け止めは、大きく2つの紫外線ブロックの方法(成分)に分けられます。

「紫外線吸収剤(ケミカル)」「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」です。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違い。

紫外線吸収剤
(ケミカル)
紫外線散乱剤
(ノンケミカル)
紫外線ブロックの方法 紫外線を吸収し、熱や赤外線などのエネルギーに変化させて(化学反応)、紫外線がお肌に浸透するのを防ぐ。
(注:肌が紫外線を吸収するのではなく、吸収剤自体が紫外線を吸収する。化学変化で肌が熱く感じたりはしない。)
細かい粒子(散乱剤)が肌を均一に覆って、肌表面で紫外線を反射・散乱させてブロックする。
メリット ・白っぽくなりにくい。
・紫外線を防ぐ力が強い。
・肌への負担が少ない。
・粒子は壊れにくく長持ち。
デメリット ・紫外線ブロックの時の化学反応が肌への負担が大きいと言われる。
・化学変化で分子が壊れると、紫外線を防ぐ力が弱くなるのでこまめに塗り直しが必要。
・白浮きしやすい(最近はナノ化で白浮きが改善されたものもある)。
・汗で落ちやすい。
・滑らかさに欠ける。
肌触り さらさら
なめらか
こってり
刺激 人によっては負担大 低刺激
強い 弱い
持ち 化学反応で効果が弱るため塗り直しが必要。 汗で流れやすいため塗り直しが必要。
主な表示成分 t-ブチルメトキシジベンゾイルメタン
・メトキシケイヒ酸エチルヘキシル
・オキシベンゾン-3
・酸化チタン
・酸化亜鉛
(天然成分がほとんど)
総評 ・散乱剤より使用感がよく、「紫外線防御力」も高いが肌への負担は大きい。(最近は改善されたものもあり)
・紫外線の強い場所へ行く日など、しっかりと紫外線をブロックしたい日向け。
・肌への負担が少ないが、汗などで流れやすい、粒子が飛びやすいなどから、こまめに塗り直しが必要。
・白浮き・こってり感など、使いにくい面もあるが、肌への負担を考えると日常生活で毎日使うならノンケミカルの物をオススメ。

 

それぞれにメリット・デメリットがあり、お肌のタイプや年齢、目的の場所で使い分けることがお肌への負担を最小限に抑えながら上手に日焼けを防ぐことへとつながっていきます。

敏感肌の方は、ノンケミカルの日焼け止めをオススメしますし、真夏の太陽が照り付ける日などは、ケミカルタイプのウォータープルーフがいいかもしれません。

現在は、両方の成分を組み合わせてあるものも多くありますので、お肌への負担が気になる方は上記の表の成分表示などを見てみると分かりやすいですね。

絶対に日焼けをしたくない方には、「飲む日焼け止め」が欠かせない存在になっています。

初めて使う方には「日焼け止めを飲む」ということに抵抗を感じられるかもしれませんが、今はもう「当たり前」になりつつあります。

そちらもぜひチェックです!

 

【関連ページ】