日焼け止めのすべて。

【目(眼)】が日焼けすると肌が黒くなる?!目の紫外線対策。

紫外線を浴びる確率は高いけれど日焼け止めが使えない場所・・・

それは、目(眼)です。

まぶたまでは日焼け止めを塗れても、目の中には誰も塗れません。

でも塗れないからと放っておくと、目に入る紫外線で恐ろしいことになってしまうかもしれないんです。

 

目に紫外線を浴びるとどうなる?

日中、外に出ていると、目がシバシバしてきたり痛みを感じることがないですか?

その目はすでに日焼けしています(>_<)

私も天気のいい日に外に出るとすぐに目が痛くなる方で、紫外線量を図るバロメーターのように感じるほどです。

目に紫外線を浴びるとどうなるのでしょう?

まずは「目の病気の原因になることがある」ということです。

紫外線を浴びることで、起こりやすくなると考えられているのは、

  1. 角膜炎
  2. 白内障
  3. 翼状片

などと言われています。

最悪の場合は失明につながることも・・・。

紫外線による充血や目の痛みなどを感じる方はとても多いです。

 

目に紫外線が入ると身体も黒くなる!

目に入った紫外線でお肌が黒くなることがあるって知ってますか?!

信じられないようなことですが本当の話で、目に入った紫外線が原因となって肌が黒くなることが分かっているそうです。

目に紫外線が入り、角膜がダメージを受けたことが情報として脳に伝わり、脳から全身へメラニン色素を作るように指令が出ることにより、体内でメラニンが増え、肌が日焼けしたように黒くなります。

頑張って日焼け止めを塗ったところが、目に紫外線が入ったことで体の中から黒くなる。。。悲しいですよね。

 

目の日焼け対策は?

目の中に日焼け止めを塗ることは出来ません。

また、目が日焼けした後にケアする目薬はありますが、日焼け止めになる目薬もありません。

そこで目を紫外線から守るためには、UV効果のある「サングラス」「コンタクト」が効果的だと言われています。

私はずっとコンタクトをしていますが、日差しの強い日に外に出るとすぐに目が痛くなってしまいますね・・・。

UVカットできるレンズを使っているのですが、その時に痛みを感じ、その日の夜には目が真っ赤に(T_T)

ツバの広い帽子をかぶっていても、下からの照り返しなどで全部の紫外線は防げないようです。

そこで使っているのは、UVカット効果のある度なしメガネ「伊達メガネ」です。

色付きのサングラスは子供と遊ぶ時や日常にはちょっと使いにくいので、普通のメガネのような透明の伊達メガネを使っています。

これだと場所を選ばず使えて、目だけじゃなく皮膚の薄いまぶたなどの目周辺のお肌も守れて心強いですよ(*’ω’*)

eight tokyo UVカット ベーシック 伊達メガネ

 

【関連ページ】