日焼け止めのすべて。

自分に合った日焼け止めの正しい選び方。

日焼けの仕組み、日焼け止めの効果などを見てきましたが、ここでおさらい。

日焼け止めの成分には大きく分けて2種類がありましたね。

紫外線吸収剤 紫外線散乱剤
メリット ・白っぽくなりにくい
・紫外線を防ぐ力が強い
・汗に強い
・肌への負担が少ない
・粒子は壊れにくく長持ち
デメリット ・肌への負担が大きい ・汗で落ちやすい
・白浮きしやすい

吸収剤と散乱剤の違いとは。

敏感肌の方は、紫外線散乱剤が使われている日焼け止めを使うと肌荒れやそのほかの肌トラブルを起こしにくくなります。

 

そして、購入時に一番よく基準にされるSPFとPAの特徴です。

SPF PA
・赤くなる日焼けを防ぐ
・シミ・そばかす・皮膚がんの原因となるUVBを防ぐ
・数値が大きいほど日焼けを一定の時間先延ばしにできる
・黒くなる日焼けを防ぐ
・シミ・シワ・たるみ・老化の原因となるUVAを防ぐ
・+が多いほど光老化を防ぐ効果が期待できる

SPFとPAをもっと詳しく

SPFの数値が高いほど、お肌への負担は大きくなります。

用途や場所で使い分けることも大切です。

 

私は、ローションやジェルタイプの日焼け止めが塗りやすくてよく使っていますが、それぞれのタイプには目的に合った特徴があります。

それでは日焼け止めのタイプ(種類)別の特徴を見ていきましょう。

タイプ 特徴
クリーム 保湿成分が入っているものが多く、しっとりとして落ちにくい。ウォータープルーフの物も多くある。
乳液(ミルク) サラッとしていて伸ばしやすい。ノンケミカル商品が充実している。
ローション 日常生活に使いやすい。落ちやすいので肌への負担も軽い。
ジェル 伸びがよく軽い。独特のベタつきが少なく白浮きしにくい。
スプレー 日中の塗り直しが手軽にできる。手の届きにくいところや髪の毛、頭皮にも。
ミスト メイク後に振りかけられる。ガスを使わないので赤ちゃんにも安心。
パウダー メイクの仕上げ、化粧直しにも。外出先で使いやすい。毛穴を目立たなくする効果もあり。
シート 持ち運びしやすい。見落としがちな首の後ろにも塗りやすい。
サプリ 飲む日焼け止め。塗り忘れ、塗り直し、落とし残しなどの心配がない。紫外線から全身守れる。
ウォータープルーフ 防水効果あり。 汗や水に強いが落としにくく専用のクレンジングが必要なものも。
オーガニック ノンケミカル、100%天然由来成分など。石鹸で落とせるものも。赤ちゃんや超敏感肌の方へ人気。
下地 下地に日焼け止めが入ったタイプ。別々で使うよりお肌への負担が少ない。
リップ 日焼けによるブツブツ、腫れを防いでくれる。保湿リップに配合されているものもある。

こうしてみると、たくさんのタイプの日焼け止めがありますよね(*’ω’*)

その時々に応じた使い分けをすることで、日焼け止めにストレスを感じることなく上手に紫外線を防ぐことが出来ます。

以上をふまえた上で、自分のお肌に合った日焼け止めを見つけていきましょう。

 

【飲む日焼け止め】

 

【肌質別】

 

【特別な場所への日焼け止め】

 

【用途別(外出先)】

【人気ブランド別】